矯正歯科の今後

矯正歯科の今後の動向

子供の成長のために重要となる矯正歯科ですが、現在は自由診療のため保険が適用されません。そのため支払いが高額になることから、家庭によっては満足行く歯の矯正を受けられないこともあります。 現在矯正歯科で保険の対象となっているのは先天性の咬合機能や外科的な治療が必要な顎変形症に該当するケースとされています。しかし今後はその枠を拡大し、保険が適用されるケースを増やしていくとされています。また品質を維持しながらも低コストな材料を利用することで、自由診療であっても費用負担を減少させることで、どの家庭でも問題なく矯正歯科を利用できるよう様々な努力がされています。 大人以上に子供の歯並びは重要です。そのため積極的に矯正歯科を利用し、早めに改善を行うことが重要です。

矯正歯科でいい歯並びにしよう

矯正歯科では、矯正をしているのが他の人にわからないようにするやり方もあります。例えば一般的な矯正歯科では表側に矯正器具を装着するのですが、裏側に装着するというやり方もあります。 また矯正歯科によっては、マウスピースを利用して行なうことができるところもあります。 特にマウスピースを利用しての矯正をする場合には、自分で取り外すことも可能なので食事の時や歯を磨く時など邪魔だと感じる時には外しておくことができるというメリットがあります。そして透明な素材で作られているので、装着していても目立ちません。 どのようなやり方で歯並びを治していくのかは矯正歯科で相談する必要がありますが、ストレスを感じないで矯正することも可能になっています。